ネタニヤフ・イスラエル首相、米国で洗濯物を洗濯させる

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相が、アメリカを訪問した際に、洗濯物も持参しアメリカで洗濯させていたことが判明した。

1496830
ネタニヤフ・イスラエル首相、米国で洗濯物を洗濯させる

ワシントンポスト紙に発言したアメリカ当局者は、ネタニヤフ首相が、ワシントンを訪問した際に、スーツケース一杯の洗濯物を持参し、それをブレアハウスのランドリーで無料で洗濯させたと不平を漏らした。

「政治家の多くが、洗濯物を隠すために苦労するのに、ベンヤミン・ネタニヤフは、洗濯物をワシントンにまで持って来る」と記したワシントンポスト紙は、このニュースはメタファーではなく、一言一句そのままの意味であると伝えた。

ニュースで、「イスラエルで最長の任期を過ごした首相であり、ドナルド・トランプ大統領と手を取り合って中東政策を押し付けていることで有名なネタニヤフは、長年の間にブレアハウスの職員の間で異なる名声を得た」と伝えられた。

また、任期中に汚職疑惑がかけられた初の首相であるネタニヤフ首相が、多くのバッグやスーツケースからなる特別貨物とともにワシントンを訪問し、それらが洗濯物で一杯だったという主張が上がった。

ワシントンポスト紙に発言したアメリカ人労働者は、

「我々が洗濯するようにと本当にスーツケース一杯の洗濯物を持って来たのは、ネタニヤフたちだけだ。多くの訪問でそうしているから、意図的にしたことは明らかだ」と語った。

在アメリカ・イスラエル大使館は声明を発表し、洗濯物を洗わせたという非難は「ネタニヤフ首相がトランプ大統領の仲介によりホワイトハウスでアラブ首長国連邦およびバーレーンと署名した国交正常化合意を貶める行為である」と述べた。

ネタニヤフ首相の訪問に欠かせない洗濯袋は、トランプ政権のほかにも、オバマ前政権の関係者からも確認された。

 

(2020年9月24日)



注目ニュース