シラージュ・リビア首相、ハフタルとの会談を拒否

リビアのファイズ・シラージュ首相が、同国の非合法な武装勢力のリーダー、ハリファ・ハフタル将軍と今日(9月17日)パリで行われる予定だった会談への出席を拒否した。

1492651
シラージュ・リビア首相、ハフタルとの会談を拒否

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、リビアの正統な政府のシラージュ首相を、首都トリポリへの攻撃が失敗して国際社会で孤立する一方のハフタル将軍と会談させ、政治的プロセスを新たに取りまとめようとしたが、今度は失敗した。

9月14日月曜日に、フランスの情報サイト"Intelligence Online"が、今日フランスの首都パリで、トブルク代表議会のアグイラ・サーレハ議長、ハフタル将軍、シラージュ首相も出席する会談が開催されるというニュースを報じていた。

リビア大統領評議会のガリブ・アル・ザクライ報道官は、この知らせをすぐに伝えた。

シラージュ首相はフランスの招待を受けたものの、その時期は定かではないと述べたザクライ報道官は、国際的な仲介者の存在がどれほど大きくても、遅かれ早かれシラージュ首相とハフタル将軍の間でこのような会談が行われることはないと強調した。

 

(2020年9月17日)



注目ニュース