【リビア】 生活苦への抗議デモで1人が死亡

リビア東部にいる非合法な武装勢力のリーダー、ハリファ・ハフタル将軍が掌握するマルジで、悪化する生活条件に抗議しようとした抗議運動者達が民兵から発砲を受けた結果1人が死亡、1人が負傷した。

1490118
【リビア】 生活苦への抗議デモで1人が死亡

 

リビア・アル・アハラール局は、ベンガジとマルジで街に繰り出した抗議運動者達が停電をはじめとする貧困、物価高、給料未払い、断水といった悪化する生活条件に抗議したことを伝えた。

同局がリビア犯罪監視機関から入手した情報によると、ハフタル将軍の民兵がマルジの抗議運動者達に発砲した結果1人が死亡、1人が負傷した。

一方、親ハフタル派の名目上の政府は、悪化する生活条件に対して3日間にわたって続く抗議運動によりトブルクの代表議会のアグイラ・サーレハ議長に総辞職を申し出た。

総辞職が検討のため議会に提出されたと述べられたが、期日は明かされなかった。

 

(2020年9月14日)



注目ニュース