ストルテンベルグNATO事務総長、「東地中海における危機を連帯精神によって解決すべき」

北大西洋条約機構(NATO)のイェンス・ストルテンベルグ事務総長が、東地中海における危機を、同盟者同士の連帯精神により解決すべきであると述べた。

1480178
ストルテンベルグNATO事務総長、「東地中海における危機を連帯精神によって解決すべき」

ストルテンベルグ事務総長は、ドイツのアンゲラ・メルケル首相との会談に先立って発言し、ドイツが緊張緩和に努めていることは喜ばしいと述べ、

「この危機を、同盟者同士の連帯精神と国際法に適った方法により解決すべきである。対話と緊張緩和は、誰にとっても利益となる」と話した。

メルケル首相は、ドイツが東地中海における緊張緩和に努めていることを振り返り、この件で正しい道を進み、解決の可能性を得られるだろうと述べた。

 

(2020年8月27日)



注目ニュース