【リビア】 ハフタル軍民兵が停戦に違反:シルテでグラッド・ミサイル攻撃

リビア軍が、同国東部の非合法な武装勢力のリーダー、ハリファ・ハフタル将軍の民兵が停戦に違反し、昨夜(8月26日)シルテ市西部に駐留する部隊にミサイル攻撃を実行したと伝えた。

1480304
【リビア】 ハフタル軍民兵が停戦に違反:シルテでグラッド・ミサイル攻撃

リビア軍に属するシルテ・ジュフラ合同作戦局のアブドゥルハディ・ディラハ報道官は、音声メッセージを発信し、

「敵の反乱軍が昨夜、停戦に違反し、リビア軍部隊が駐留する地域に12発以上のグラッド・ミサイルを撃ち込んだ。死傷者はいない」と語った。

ディラハ報道官は、この攻撃は、シルテ市西部でリビア軍部隊の管理下にある第30地域付近のナフラ分岐点で実行されたと述べた。

リビアのファイズ・シラージュ首相と、ハフタル軍の政治的同盟者トブルク代表議会のアグイラ・サーレハ議長は、8月21日金曜日に停戦を決定すると伝えていた。

停戦の内容として、シルテ市とジュフラ市を非武装地帯とすること、リビアの石油生産と輸入を再開すること、外国人兵士と傭兵をリビアから出国させること、大統領評議会選挙と総選挙を来年3月に実施することが見込まれている。

 

(2020年8月27日)



注目ニュース