【リビア】 トリポリで悪化する生活条件とハフタルによる石油生産停止に抗議デモ

リビアの首都トリポリに集まった数百人の人々が、同国東部の非合法な武装勢力のリーダー、ハリファ・ハフタル将軍によって石油生産活動が停止され、公共サービスが断たれて生活が苦しくなっていることに対し、抗議デモを行った。

1479482
【リビア】 トリポリで悪化する生活条件とハフタルによる石油生産停止に抗議デモ

リビア国旗を手にトリポリの殉国者広場に集まった群衆は、リビア軍がハフタル軍民兵に対して行っている「怒りの火山作戦」を支持するスローガンを叫んだ。

ハフタル将軍が2019年4月にトリポリに向けて開始し、14か月間続けている攻撃を非難したデモ隊は、ハフタル軍支持派グループがおよそ8か月間停止しているリビアの石油生産を再開するよう要求した。

一昨日(8月24日)トリポリで行われたデモで暴行事件が発生し、挑発行為がなされたことも非難したデモ隊は、軍政に対し、国連の承認を受ける正統な政府とリビア革命への支持を表明した。

広場に集まったデモ隊は、リビアで悪化の一途をたどる生活条件の改善を求めて政府に訴え、憲法改正、省庁における改革、汚職に関与した政府関係者の裁きを要求した。

ハフタル支持派グループは、リビア政府の収入を断つために1月18日からリビア東部の石油施設を閉鎖しており、リビア経済は80億ドル(約8517億円)以上の損失を被っている。

 

(2020年8月26日)



注目ニュース