【リビア】 ハフタル将軍から解放された地域で焼かれた遺体が発見

リビア政府に属す行方不明者捜索・確認委員会は、同国東部にいる非合法な武装勢力のリーダー、ハリファ・ハフタル将軍の民兵から解放された首都トリポリ南部にある地域で焼かれた遺体が発見された。

1463146
【リビア】 ハフタル将軍から解放された地域で焼かれた遺体が発見

 

リビア政府によって進められている怒りの火山作戦報道局から出された声明によると、アイン・ザラ地域にある農場で焼かれて炭化した身元不詳の遺体が発見された。

遺体は地域の住民の通報を受けて発見されたと述べられたものの、その他詳細は伝えられなかった。

リビア軍は3月25日に開始した「平和の嵐」作戦の枠組みで6月3日に首都トリポリの全行政圏を、6月5日にはタルフナを制圧している。

ハフタル将軍の民兵が首都トリポリに対する14か月にわたる攻撃で作戦・供給センターとして使用していたタルフナが解放されたあと、リビア当局は都市やその周辺で11の集団墓地が発見されたことを発表している。

 

(2020年7月28日)



注目ニュース