国連、シリアでの新型コロナ症例の増加を警告

国連は、シリアで新型コロナウイルス(Covid-19)症例数が増加していると警告した。

1456123
国連、シリアでの新型コロナ症例の増加を警告

 

ステファン・ドゥジャリク国連事務総長報道官は日次記者会見で、

「同国で新型コロナウイルス症例が増加していることを懸念している」と述べた。

政権が支配する地域で新型コロナウイルスにより21人が死亡、ウイルス感染者数は439人に達したことを明らかにしたドゥジャリク報道官は、シリア北西部では症例8件、北東部では死者1人と症例6件が確認されていると語った。

ドゥジャリク報道官は、シリアで新型コロナウイルス症例数が他国と比べて少ないとしてもこの増加は特に多数が国内避難民となっている地域では非常に高いリスクをもたらしていると警告した。

 

(2020年7月16日)



注目ニュース