サイード・チュニジア大統領、「国家を内部から爆破しようとしている者がいる」

チュニジアのカイス・サイード大統領が、南部地域で起きている抗議デモを通じて同国で軍事的・政治的衝突を起こそうとしている者がいると述べた。

1452706
サイード・チュニジア大統領、「国家を内部から爆破しようとしている者がいる」

チュニジア大統領府から発信された映像の中で、サイード大統領は、軍高等評議会と治安当局と会議を行い、特にチュニジア南部地域の治安に関して見解を述べた。

サイード大統領は、チュニジア国家の脅威となる危険は、国外よりも国内により多くあると指摘し、「国家を内部から爆破しようとしている者がいる」と語った。

サイード大統領は、法の枠組みで行われ、平和的である限り、誰も抗議デモの合法性を疑わないことを振り返り、

「争乱の火種をまき、衝突を起こそうとしている者は、その最初の犠牲者となる」と語った。

サイード大統領は、抗議デモが続いているタタウィン地域の住民の代表者と会談する用意ができているということも強調した。

チュニジア南東部のタタウィン県で、政府が2017年に行われたデモの結果署名した合意の条件を今日まで履行していないことに対して、また雇用の改善を要求して、抗議デモが激化している。

一方、一部の政治的人物は、チュニジア最大の政府協力者であるアン・ナハダ運動へのブラックプロパガンダを公然と行うほか、国民規模の運動に変わりつつある南部地域の抗議デモを煽り、同国全土に広めるために奮闘している。

 

(2020年7月10日)



注目ニュース