ジョンソン英首相とメルケル独首相が電話会談

イギリスのボリス・ジョンソン首相とドイツのアンゲラ・メルケル首相がブレグジット後の関係、新型コロナウイルス(Covid-19)対策、リビアといった外交政策問題を協議した。

1451147
ジョンソン英首相とメルケル独首相が電話会談

 

首相府(ダウニング街10番地)から出された声明によると、ジョンソン首相とメルケル首相は電話会談を行った。

両首脳はワクチン開発研究も含めた新型コロナウイルス問題で国際協力の重要性に焦点を当てた。

ブレグジット後の関係を含めた交渉で早期合意に至るために取り組みを継続していくことに関する約束を繰り返し述べたジョンソン首相は、合意に至らなければイギリスはオーストラリア条件で欧州連合(EU)から離脱する用意があると述べた。

ジョンソン首相とメルケル首相はイスラエルがパレスチナ領を併合することに関する懸念を取り上げる一方、リビアでは交渉による解決策が得られるよう努力を倍増することを約束した。

 

(2020年7月8日)



注目ニュース