リビアと米が安全保障協力について会談

リビア内務省のフェトヒ・バシャガ大臣が、アメリカ当局と、両国間の安全保障に関する協力について会談した。

1443087
リビアと米が安全保障協力について会談

リビア内務省から行われた書面の発表によると、テレビ会議を通じて行われたこの会談で、リビアの安全保障分野における改革の取り組みや、同省による様々なサービスや分野の発展に向けた計画が話し合われた。

同省と、同省の安全保障分野における改革の取り組みを称賛したアメリカ当局者は、リビア東部の非合法な武装勢力のリーダー、ハリファ・ハフタル将軍の民兵がしかけた地雷の除去への寄与に関して話し合った。

この会談に、リビア側からはバシャガ大臣のほか、安全保障担当のムハンマド・アル・マダイ副次官、国際警察局のアブドゥルハミド・アル・ガザーリー局長、治安作戦総局のアリ・アン・ヌヴァイシリ局長、刑事捜査局のマフムド・アシュル局長、アメリカ側からは国務省北アフリカ担当のヘンリー・ウスター次官、リチャード・B・ノーランド駐リビア・アメリカ大使、その他数名の司令官が臨席した。

 

(2020年6月25日)



注目ニュース