アウン・レバノン大統領、「過去最悪の経済危機の只中にいる」

レバノンのミシェル・アウン大統領が、同国はこれまでの中でも最悪の経済危機の只中におり、国民の失業や未来を懸念していると述べた。

1443301
アウン・レバノン大統領、「過去最悪の経済危機の只中にいる」

レバノンの政党党首がアウン大統領の呼びかけを受け、現在の経済危機と同国が陥っている状況を話し合うため、首都ベイルートにあるバーブダ大統領宮殿に集まった。

アウン大統領は開会式で演説し、経済危機に対して行われている抗議デモが最近暴力を引き起こしていること、レバノンの治安と安全を守ることを目的にこの会談を行っていることを強調した。

人々の正当な要求や怒りを好機とみて暴力や混乱を起こそうとする人々がいると主張したアウン大統領は、2週間前に起きた宗派間の緊張や事業所への放火事件について指摘し、「国内の治安と安定はレッドラインである」と語った。

ハッサン・ディアブ首相も、人々は物価高騰を抑えることや、電気の継続的な供給、安定、安心をもたらすことを政治家に求めていると強調した。

レバノンで2週間前にドルの急騰を受けて始まり、数日間続いた抗議デモで、ベイルート中心地にある一部の事業所が放火された。北部の町タラーブルスでは、治安部隊とデモ隊が衝突し、兵士20人を含む109人が負傷している。

 

(2020年6月25日)



注目ニュース