欧州刑事警察機構、PKKの欧州における活動に関して報告

欧州刑事警察機構(EUROPOL)が公表したテロ報告は、分離主義テロ組織PKKが欧州全土でプロパガンダ、要員集め、活動の資金調達を行うために取り組みを続けていることを明らかにした。

1441918
欧州刑事警察機構、PKKの欧州における活動に関して報告

 

欧州刑事警察機構が毎年公表している「欧州連合(EU)テロリズムの状況と傾向2020年報告」では、テロ組織PKKが欧州を物流拠点として使用し続けていることが明らかにされた。

報告では、テロ組織PKKはドイツ、フランス、ベルギー、オーストリア、スイスといった国をはじめとして活発にプロパガンダ活動を行っていると指摘され、テロ組織PKKは活動の資金調達を行うためにハンガリーやルーマニアといった数多くの欧州諸国で金銭を集めていると述べられた。

テロ組織PKK要員がオーストリア、フランス、ドイツ、オランダで「テロ組織に加入、テロへの資金調達、マネーロンダリング、組織要員の募集」といった様々な罪で有罪判決を受けていることが振り返られた報告では、ハンガリーでテロ組織PKK要員2人に科された禁固刑2年と8年間同国への入国禁止に注意が促された。

テロ組織PKK要員が欧州で行ったデモにはトルコ人のモスク、職場、協会に対する攻撃があることが振り返られた報告では、ベルギーの裁判所がテロ組織PKKをテロ組織として認めようとしないことが指摘された。

また革命的人民解放党・戦線(DHKP/C)の支部の構成、誘拐、スパイ活動が記載された報告では、同組織がトルコにおける活動を支援するために欧州で引き続き活発に活動していると強調された。

 

(2020年6月23日)



注目ニュース