カディミ・イラク首相、新たな対DEASH作戦実行へ

イラクのムスタファ・カディミ首相が、同国で再び潜伏しようとしているテロ組織DEASH(ISIL)に対し、新たな作戦を実行することを伝えた。

1418919
カディミ・イラク首相、新たな対DEASH作戦実行へ

カディミ首相は、首都バグダッドでハシディ・シャビ軍総局を訪問し、同軍のファーティヒ・ファイヤド局長その他の関係者と会談した。

そこで発言したカディミ首相は、テロ組織DEASHがイラクに再び潜伏しようとしていることを指摘した。

DEASHを完全撲滅するために新たな軍事作戦を実行すると伝えたカディミ首相は、イラク軍のほかにハシディ・シャビ軍もそうした作戦に加わることになると述べた。

2016年に議会が発令したハシディ・シャビ軍に関する法令に言及したカディミ首相は、同軍がその法令により行動するよう要請した。

カディミ首相が訪問したハシディ・シャビ軍総局に、以前同軍から離脱したシーア派の最高指導者アリー・シスタニ師を支持する武装グループのリーダーたちもいたことが注意を引いた。

ハシディ・シャビ軍総局で、1月にアメリカの攻撃により殺害されたイランのガセム・ソレイマーニー司令官とイランの宗教指導者アリー・ハメネイ師が写った写真は見当たらなかった。ソレイマーニー司令官と同じ攻撃で死亡したハシディ・シャビ軍のアブー・マフディ・アル・ムハンディス副長官の写真のみが掲げられていた。

ソレイマーニー司令官とムハンディス副司令官が殺害された後、バグダッド空港付近にはこの2人が写った大きな写真が掲げられていた。数日前にその写真は撤去され、ムハンディス副長官が写った写真のみが掲げられている。

カディミ首相はハシディ・シャビ軍局長を交代させ、同軍内の任命にも変化が起きるであろうと言われている。

 

(2020年5月17日)



注目ニュース