【リビア】 リビア軍、ハフタル将軍への攻撃を続ける

リビア軍は、非合法な武装勢力のリーダー、ハリファ・ハフタル将軍所属の民兵に対して首都トリポリのナスマ地区で航空作戦を実行してジャンジャウィードのスーダン人民兵5人を殺害した。

1410015
【リビア】 リビア軍、ハフタル将軍への攻撃を続ける

リビア軍が進めている怒りの火山作戦報道局から書面で出された声明によると、空軍がナスマ地区でハフタル将軍の民兵を標的にした。

攻撃の結果民兵が所有する武装車両3台が無力状態にされ、ハフタル将軍の前線で戦うジャンジャウィードのスーダン人民兵5人が殺害されたことが報告された。

またリビア軍は、首都からおよそ400キロメートル南部にあるアル・カリヤト地域でハフタル将軍所属のジャンジャウィードのスーダン人民兵らを乗せていたバスを空から爆撃して無力状態にした。

一方、リビア軍がハフタル将軍所属の民兵らがいるヴァティーヤ空軍基地にある武器貯蔵庫に対して行った航空作戦では民兵2人が死亡、5人が負傷した。

怒りの火山作戦報道局から書面で出された声明によると、空軍は首都西部にいるハフタル将軍の民兵らが管理するヴァティーヤ空軍基地に航空作戦を実行して武器貯蔵庫を標的にした。

ヴァティーヤ空軍基地にある避難場所も標的にされたと明かされた作戦では、武装車両が無力状態にされ、民兵2人が殺害、5人も負傷したとされた。

また声明では、リビア軍が首都南部にあるハッラタト付近でハフタル将軍の民兵らに重砲を発射して爆撃したと説明された。

さらにリビア軍は、ハフタル将軍所属の民兵らに届けられるためタルフナに向かっていた燃料タンカーを標的にした。

怒りの火山作戦報道局から書面で出された声明によると、空軍は地域から首都90キロメートル南東部にあるタルフナにいるハフタル将軍所属の民兵らに向かって進んでいた燃料タンカー「サクリジ・ガチディ」号を爆撃した。

リビア空軍は、軍事作戦エリアと宣言したこの地域で武装車両やタンカーが事前許可なしに通過することが禁じられていることを再度警告した。

また、首都トリポリ南部にあるムルズクの軍事評議会は、ハフタル将軍が宣言したクーデター行為を却下し、リビア政府への支持を表明した。

 

(2020年5月3日)



注目ニュース