【イエメン】 フーシ派がジャウフ県を弾道ミサイルで攻撃

イエメンのフーシ派が、同国北部のサウジアラビアとの国境地帯にあるジャウフ県を弾道ミサイルで攻撃し、この事件による死傷者がいることが明らかにされた。

1379096
【イエメン】 フーシ派がジャウフ県を弾道ミサイルで攻撃

イエメン軍に属するジャウフ戦線軍のラビ・アル・クラシ報道官は、ツイッターのアカウントから発言し、

「イランの支援を受けるフーシ派が、ジャウフ県のアル・ヤタマ地域の住人たちを弾道ミサイルで攻撃した」と述べた。

この攻撃による死傷者がいると述べたクラシ報道官は、この件に関しては明確な情報を伝えておらず、フーシ派がイエメン軍とダフム部族に敗北した後にこの地域を特に計画的に狙っていると主張した。

フーシ派は、この攻撃に関して何らかの声明を出していない。

一方、イエメン国防省のインターネットサイトから出された声明によると、ダーリウ県でイエメン軍とフーシ派が衝突した。

この衝突で、上級司令官も含む多くのフーシ派民兵が死亡した。

 

(2020年3月16日)


キーワード: #フーシ派 , #イエメン

注目ニュース