国連がシリア・イドリブに関して衝撃的な発表

国連のマーク・カッツ・シリア危機地域人道支援副幹部が、アサド政権軍とその支持者らの攻撃が続くシリアのイドリブ県は戦場と化しており、300万人以上の民間人が閉じ込められていると警告し、「この地域で、確実に、本物の血の海、本物の民間人虐殺を目にすることになるだろう」と語った。

1365689
国連がシリア・イドリブに関して衝撃的な発表

カッツ副幹部は、国連ジュネーブ事務局で記者会見に臨み、イドリブ県で起きている人道危機に関して衝撃的な発表をした。

国連はイドリブに向け、越境人道支援作戦の内容として毎日トラック50台の支援物資を送っていると述べたカッツ副幹部は、国連の目的はそれをトラック100台分に引き上げることだと述べた。

カッツ副幹部は、名前を挙げずに、アサド政権とその支持者らの攻撃により100万人以上の民間人がトルコ国境への移住を余儀なくされていると述べた。

イドリブは戦場と化していると強調したカッツ副幹部は、

「イドリブで300万人以上の民間人が戦場で閉じ込められている。この地域で、確実に、本物の血の海、本物の民間人虐殺を目にすることになる」と語った。

トルコは難民を最も多く受け入れている国であり、その人々は360万人のシリア人だと述べたカッツ副幹部は、

「トルコはこれ以上難民が来るのを見たくないと望んでいる」と話した。

カッツ副幹部は、国連によるイドリブに向けた越境人道支援作戦をトルコが大きく支援していることを称賛した。

 

(2020年2月25日)


キーワード: #イドリブ , #シリア , #国連

注目ニュース