アル・ハキーム・イラク外相、米・イラン間の緊張に見解

イラクのムハンマド・アリー・アル・ハキーム外務大臣は、イランとアメリカ間の緊張が高まった場合に地域に「壊滅的な戦争」が勃発する可能性があると警告した。

1352530
アル・ハキーム・イラク外相、米・イラン間の緊張に見解

 

アル・ハキーム大臣は、公式訪問でイラクに滞在中のベルギーのフィリップ・ゴファン外務大臣と会談した。

会談後に開かれた記者会見で語ったアル・ハキーム大臣は、ゴファン大臣と「アメリカ政府とイラン政府間で高まる緊張の緩和方法」を取り上げたと語った。

イランとアメリカ間の緊張が高まった場合に地域が壊滅的な戦争に引きずり込まれる可能性があると警告したアル・ハキーム大臣は、

「イラク、アメリカ、イラン間の緊張を軽減するために行われている努力をすべて支持する」と述べた。

またゴファン大臣はベルギーのイラクへの支援に言及し、「イラクの安定はわれわれにとって重要である」と発言した。

バルハム・サリフ大統領もゴファン大臣と首都バグダッドにあるサラーム宮殿で会談し、テロ組織DEASH(ISIL)から解放された地域の復興に対してベルギーの貢献は重要であると強調している。

 

(2020年2月3日)



注目ニュース