ヨーロッパで激化する女性暴力

ヨーロッパで女性に対する暴力が激化している。

ヨーロッパで激化する女性暴力

 

 

 

ユーロスタット(Eurostat:欧州委員会統計局)が2017年から集め続けたデータから作成した報告書によると、

 

フランス、ドイツ、イギリスは、EU(欧州連合)加盟国の中で、女性殺害が最も多い3か国である。

 

中でもフランスは女性殺害が最も多く、1年間で601人の女性が殺害された。

 

ドイツでは380人が殺害された。イギリスでは227人、スペインでは113人の女性が殺害された。イタリアでは2018年に142人の女性が殺害された。

また、イギリスでは女性3人に1人が暴力を受けていると言う。

 

 

トルコ大国民議会男女機会均等委員会の報告書によると、EU(欧州連合)加盟諸国で、女性3人に1人が男性から身体的または性的暴力の被害に遭っている。

 

 

 

(2020年1月24日 金曜日)

 

 

 

 



注目ニュース