イスラエルとフランス、戦略的対話の設立で合意

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相とフランスのエマニュエル・マクロン大統領は、二国間関係の強化と地域問題における協力に向けて「戦略的対話」の設立を決定した。

イスラエルとフランス、戦略的対話の設立で合意

 

ネタニヤフ首相は、1月23日に開催される第5回国際ホロコースト・フォーラムに出席するためイスラエルを訪問したマクロン大統領と西クドゥス(クドゥス:一部の国や地域では「エルサレム」と呼ばれている)にある首相府で会談した。

会談後に発言したネタニヤフ首相は、イスラエルとフランス間で「戦略的対話」を設立することで決定が下されたと強調し、

「イスラエルとフランス間の共通の利益に鑑みて両国間の協力を継続する戦略的対話の設立に関して合意した。これは、イスラエルの外交政策で非常に重要な変更および国家の安全保障にとって非常に重要なことを獲得する助けとなるであろう」と述べた。

またイスラエル首相府から書面で出された声明では、ネタニヤフ首相がマクロン大統領に「地域で攻撃的な政策を進め、核プログラムに関して新たな措置を講じているイランに圧力をかける」よう呼びかけたことが伝えられた。

 

(2020年1月22日)



注目ニュース