【シリア】 タル・リファトに潜伏するテロ組織YPG/PKK、アフリン中心地にミサイル攻撃

シリアのタル・リファト区を占領し続ける分離主義テロ組織YPG/PKKが、オリーブの枝作戦によりテロから解放されたアフリン区中心地をグラッドミサイルで狙った。

1343200
【シリア】 タル・リファトに潜伏するテロ組織YPG/PKK、アフリン中心地にミサイル攻撃

テロ組織YPG/PKKのメンバーらが、2019年10月22日にトルコとロシアが結んだ合意に従って撤退すべきだったタル・リファト区から、アフリン区中心地をグラッドミサイルで攻撃した。

ミサイルは空き地に命中し、死傷者は出なかった。

オリーブの枝作戦によりアフリン区から一掃されたテロ組織YPG/PKKは、同区の南東側にあるタル・リファト区を占領し続けている。この地域に潜伏するテロ組織は、アフリン区とアザーズ区にいるシリア国民軍が管理する民間人居住地を頻繁に狙っている。

テロリストらは、一昨日(1月16日)もトルコのキリス県の向かい側にあるアザーズ区の中心地をカチューシャ砲(ソ連製の多連装ロケット砲)で狙い、民間人10人が負傷した。

トルコは、シリア国民軍の支援を受けてアフリン区をテロ組織YPG/PKKから解放するため、2018年1月20日にオリーブの枝作戦を開始した。

 

(2020年1月18日)



注目ニュース