【リビア】 ハフタル将軍、トリポリへの攻撃準備か

リビア東部にいる非合法武装勢力のリーダー、ハリファ・ハフタル将軍は、首都トリポリを攻撃するため都市南東部にあるタルフナに追加軍を派遣した。

1340853
【リビア】 ハフタル将軍、トリポリへの攻撃準備か

 

国連で合法的であると認められているリビア国民合意政府(国民統一政府)所属の軍事筋から得られた情報によると、ハフタル将軍の民兵らがトリポリ南東部で中心本部として使用しているタルフナにアラブ首長国連邦の装甲車や大砲が届いたのが目撃された。

同筋は、ハフタル将軍が停戦を受け入れたあとにも自身に対する支援が途切れることはなく、このこともハフタル将軍が停戦を「新たにポジションを獲得するために受け入れたことを明らかにした」と語った。

トルコとロシアの合同のイニシアチブによって作成された停戦合意は、リビア国民合意政府によってモスクワで署名されている。

一方ハフタル将軍側は、条文を検討して協議するため1日の猶予を求めていた。

ロシア外務省は1月14日午前に、ハフタル将軍が合意に署名せずにモスクワを離れたことを公表している。

ハフタル将軍がリビアに到着したとする正式な発表は行われていないが、自身に軍事的、政治的、財政的支援を行っているエジプトまたはアラブ首長国連邦に向かったと伝えられた。

トルコとロシアがリビアの当事者に戦闘をやめさせ、人道支援が国民に届けられるよう提示した停戦の提案は、同国の問題をリビア人の間だけで対話によって解決することを対象としていた。

 

(2020年1月14日)



注目ニュース