ウクライナ、旅客機撃墜に対してイランに訴訟

ウクライナ対外情報庁は、旅客機の墜落の結果、イランが提訴されたことを発表した。

ウクライナ、旅客機撃墜に対してイランに訴訟

 

同庁当局から出された声明では、

「ウクライナ最高検察庁は、ウクライナ航空の旅客機ボーイング737型機が撃墜されたことに関してウクライナ刑法第276条(飛行の安全の侵害)、第115条(謀殺)、第194条(物的損害)から起こされた訴訟および受けた指示の結果、捜査に向けた活動を開始した」と述べられた。

イラン革命防衛隊はテヘランで発生した176人が犠牲となった事故の責任を認めている。

一方、撃墜されたウクライナの航空機が出した被害に関してイラン民間航空組織から出された声明では、「緑地と民間の被害はウクライナが補償する」と述べられている。

 

(2020年1月13日)



注目ニュース