【イラン】 ウクライナ機撃墜に関する捜査で一部人物が拘束

イラン法務省のグラム・ホセイン・イスマイーリー報道官が、ウクライナ国際航空の旅客機の撃墜に関する捜査の内容で、一部の人物が拘束されたと述べた。

【イラン】 ウクライナ機撃墜に関する捜査で一部人物が拘束

首都テヘランで記者会見に臨んだイスマイーリー報道官は、旅客機のブラックボックスがフランスに送られたことを明らかにした。

イスマイーリー報道官は、旅客機の撃墜に関する捜査の開始から72時間が過ぎたことを指摘し、その内容で一部の人物が拘束されたとの情報を伝えた。

イスマイーリー報道官は、また、マケアー駐イラン・イギリス大使がデモに参加し、写真撮影したことは「まったく容認できるものではない」と述べた。

イスマイーリー報道官は、国際法においてこのような人物は「望まれない人物」であると定められており、人々はマケアー大使の国外追放を期待していると主張した。

 

(2020年1月14日)



注目ニュース