【イラン】 フーゼスターン州でデモをめぐり79人が拘束

イラン情報省が、フーゼスターン州でガソリンの値上げに対する抗議デモをめぐり、79人が拘束されたと明らかにした。

【イラン】 フーゼスターン州でデモをめぐり79人が拘束

イランメディアによると、情報省は書面の声明を発表し、

「デモで公共・民間の財産を攻撃した79人が、所持していた様々な銘柄の武器や弾薬とともに拘束された」と伝えた。

また、声明で、これらの人物がペルシャ湾沿岸の国で訓練を受けたとの主張がなされた。

アメリカの制裁の影響もあり、経済的に苦しい日々を送っているイラン国民は、11月15日にガソリンが3倍値上がりするという発表の後に、多くの都市でデモを行った。

デモで、公共の建物、銀行、ガソリンスタンド、マーケットが破壊された。

これらの事件に関し、イラン当局は未だに「死傷者と拘束者」について公式な発表をしておらず、アムネスティ・インターナショナルは、少なくとも161人が死亡したと伝えている。

 

(2019年12月2日)



注目ニュース