「鳥インフルがない国カザフスタン」 OIEが宣言

カザフスタンが国際獣疫事務局 (OIE)により「鳥インフルエンザが見られない国」であると宣言された。

1293630
「鳥インフルがない国カザフスタン」 OIEが宣言

 

 

 

カザフスタン農業省から行われた発表で、この成功は農業省と獣医協会によるものだと表明された。

 

家禽はカザフスタンの農業分野において重要な要素のひとつであることが表明された発表で、「カザフスタンは鳥インフルエンザが見られない国であると宣言されたことは、我が国の農業分野における輸出の可能性が生まれ、我が国の経済の発展とイメージアップにつながる」と述べられた。

 

 

国際獣疫事務局 (OIE)は、世界の動物衛生の向上を目的とする政府間機関で、1924年に設立された。フランスのパリに本部があり、現在182の国と地域が加盟している。

 

 

 

(2019年10月24日 木曜日)

 

 

 

 



注目ニュース