米主導の有志連合軍がシリア・ミュンビチから撤退

アメリカ主導の有志連合軍が、シリアのミュンビチ(マンビジ)から撤退したと明らかにした。

1288590
米主導の有志連合軍がシリア・ミュンビチから撤退

アメリカ主導の対DEASH(ISIL)有志連合軍のマイルス・B・カギンス報道官は、有志連合軍がミュンビチから撤退したと伝えた。

カギンス報道官は、公式ツイッターのアカウントから発言し、

「有志連合軍はシリア北東部からの意識的な撤退活動をしている。我々はミュンビチから離れた」と述べた。

一方、アメリカ国防総省のマーク・エスパー長官は、以前の発言で、アメリカは1000人の兵士をシリア北部から撤収する準備をしていると明らかにしている。

 

(2019年10月15日)



注目ニュース