平和の泉作戦

目的は平穏
標的はテロ

米統合タスクフォース生来の決意作戦、反発を受けてシリア民主軍に関するツイートを削除

アメリカ軍が主導してテロ組織DEASH(ISIL)に対して設立された統合タスクフォース生来の決意作戦(SOJTFOIR)が公式ツイッター(Twitter)のアカウントから行った「SDF(シリア民主軍)」の投稿が反発を受けて削除された。

米統合タスクフォース生来の決意作戦、反発を受けてシリア民主軍に関するツイートを削除

 

統合タスクフォース生来の決意作戦は、公式ツイッターのアカウントから「SDF」のハッシュタグを作ってトルコがシリア北部にいる分離主義テロ組織PKKのシリアにおける派生組織YPGのターゲットに対して行う作戦に対してテロ組織YPGへ支援のメッセージを発していた。

多数のユーザーが統合タスクフォース生来の決意作戦の投稿にコメントして「TSK(トルコ軍)」のハッシュタグを付けて反発を示したことを受けて、投稿は削除された。

テロ組織YPGは、シリアで武器や輸送を支援して自分たちに協力させていた一部の小集団を2015年10月12日にシリア民主軍という名の元に集めている。その当時からシリアの3分の1を占領しているテロ組織YPGはシリア民主軍の名前を使用している。

テロ組織PKKをテロ組織として認めているアメリカは、協力を偽装する目的で組織にシリア民主軍の名前を付けている。

アメリカ特殊作戦軍のレイモンド・トーマス司令官は、2017年7月22日にテロ組織YPGが自分たちの提言によってテロ組織YPGが名前を「シリア民主軍」に変更したことを告白している。

 

(2019年10月10日)



注目ニュース