【シリア】 ロシアがイドリブを攻撃、13人が死亡

シリアでアサド政権軍を支援するロシアが、イドリブ緊張緩和地帯内の村を空爆し、民間人13人が死亡した。

【シリア】 ロシアがイドリブを攻撃、13人が死亡

政権軍とその支持者がイドリブ県ハン・シェイフン区とエリハ区、ブダマ町、マルトゥフルメ村、ヒシュ村、レカヤ村、ガドファ村、ハマ県北部郊外のケフェル・ジタ区、ラタミネ区、ラトミン村を陸と空から攻撃し続けている。

ロシアの戦闘機は昨日(8月16日)、ラタキア県ケビネ村、イドリブ県タリ村、セジュネ村、ハス村を空爆した。この空爆により、民間人13人が死亡し、民間人20人が負傷した。

この攻撃で、妊娠した女性が死亡する様子を映した映像がソーシャルメディアに反映された。

 

(2019年8月17日)



注目ニュース