【ジャム・カシミール問題】 ロンドンで反インド・デモ

インドがジャム・カシミール州の自治権をはく奪したことを受け、イギリスの首都ロンドンで何千人もの人々がデモを行い、インドに抗議した。

【ジャム・カシミール問題】 ロンドンで反インド・デモ

インド高等委員会の建物の前に集まった何千人ものデモ参加者は、「自由なカシミール、カシミールは生きている、インド軍はカシミールから出て行け、モディよ、戦争ではなくお茶を作れ」などと書かれたプラカードを手にし、パキスタンとカシミールの旗を掲げた。

主要なデモ地帯付近の地点にインド政府支持者のグループも集まった一方、グループ同士の騒乱を防ぐために警察が措置を講じた。

インドは8月5日に、半世紀以上にわたりジャム・カシミール州に自治を認めてきた憲法第370条を撤廃し、同州の自治権をはく奪した。

インドでジャム・カシミール州を2つに分断する「ジャム及びカシミール再構築案」が、まず連邦議会上院のラージャ・サバーで、その後連邦議会下院のローク・サバーで可決された。

インドはジャム・カシミール州でインターネット、携帯電話、固定電話の通信を遮断するなど多くの抑圧政策も行った。

インドの決定を非難すると発表したパキスタン政府は、インドとの国交レベルを下げる決定を下し、イスラマバードのインド大使の帰国を要請した。

パキスタンは、インドがジャム・カシミール州の自治を認める憲法の条項を撤廃して地域の自治権をはく奪したことを受け、インドとの貿易関係も公式に断った。

 

(2019年8月15日)



注目ニュース