ペスコフ露大統領府報道官、シリア憲法委員会設置について発言

ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官が、シリア憲法委員会の設置に関する活動があと少しで完了すると明らかにした。

ペスコフ露大統領府報道官、シリア憲法委員会設置について発言

ペスコフ報道官は、首都モスクワでシリア危機に関し記者団に発言した。

シリア憲法委員会の設置に関してペスコフ報道官は、

「活動はあと少しで完了する。委員会の設置に向けた最後の一歩を踏み出すところだ」と語った。

ペスコフ報道官は、トルコ・ロシア・イラン三か国会議をトルコで開催するための準備が続いているとも伝えた。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がウクライナ東部の危機解決について対話する準備ができていることにも注意を促したペスコフ報道官は、

「二国の首脳の会談は前向きだと言える。プーチン大統領にとって、会談の際に至った合意が履行されることが重要だ」と話した。

 

(2019年8月13日)



注目ニュース