【イラクのレストランで銃攻撃】 主犯をほう助した人物が捕まる

イラク・クルド地域政府が、イラクのエルビル(アルビル)でトルコ共和国総領事館の職員が殉国した事件の主犯マズルム・ダーをほう助した者らのうち1人を捕まえたことを発表した。

【イラクのレストランで銃攻撃】 主犯をほう助した人物が捕まる

 

 

 

エルビル警察(アルビル警察)からの行われた書面発表で、「エルビル(アルビル)にあるレストランで発生したテロ攻撃の主犯マズルム・ダーをほう助したコードネーム『ドゥジュワル・マメンド・ユスフ』で知られるムハンメド・ビシクスズを捕まえた」ことが報告された。

発表には、ムハンメド・ビシクスズを捕まえるために実行された作戦に関する詳しい情報は書かれていなかった。

 

イラク・クルド地域政府は7月20日、主犯マズルム・ダーを捕まえたことを発表した。

 

 

イラクのエルビル(アルビル)にあるレストランで7月17日、銃攻撃が発生し、トルコ総領事館の職員1人が殉国、イラクの国民2人が死亡した。

 

 

 

(2019年7月21日 日曜日)

 

 

 

 



注目ニュース