EU6か国がイランに関して共同声明

スペイン、オーストリア、ベルギー、オランダ、スウェーデン、スロベニアが、2015年にイランと締結された「包括的共同行動計画(JCPOA)」の順守が非常に重要だと伝えた。

EU6か国がイランに関して共同声明

欧州連合(EU)加盟国6か国が出した書面の共同声明で、イランと締結され、国連安全保障理事会で全会一致で可決されたJCPOAの順守が、地域の安定にとって決定的であると述べられた。

JCPOAの経済的部分を実現するのが困難であることは明白であると述べられた声明で、「正当な貿易を簡易化する経路とイランとの金融手続きを安定させるためにドイツ、フランス、イギリス、欧州対外行動局、欧州委員会が協力した」ことが強調された。

イランとの貿易を可能にするINSTEX(貿易取引支援機関。ドイツ、フランス、イギリスが、アメリカの対イラン制裁を無効にすることを目的として特別貿易構造)の設置を現状における「最も重要なイニチアチブの1つ」と捉えるEU6か国は、それに関して、イランが核合意の規定と見込みを完全に尊重し、適用することが非常に重要だと指摘した。

 

(2019年6月28日)



注目ニュース