ロウハニ・イラン大統領とアール・サーニ・カタール首長が会談

イランのハサン・ロウハニ大統領が、カタールのシェイク・タミーム・ビン・ハマド・アール・サーニ首長と会談した。

ロウハニ・イラン大統領とアール・サーニ・カタール首長が会談

イラン大統領府から行われた発表によると、ロウハニ大統領は、タジキスタンの首都ドゥシャンベで開かれた第5回アジア信頼醸成措置会議(CICA)首脳会議の内容で、アール・サーニ首長と会談した。

会談で、イランは対話と交渉に基づく持続的な協力への準備ができていると述べたロウハニ大統領は、「諸国間の二者会談や多面的会談そしてさらなる協力こそが、紛争の低減、地域問題の解決に向けた唯一の道だ」と話した。

地域諸国の安全と安定は相互に繋がり合っていると述べたロウハニ大統領は、「中庸の精神と先進的な見方が諸国間の関係において重視されるよう望む」と語った。

ロウハニ大統領は、イランとカタールの間の経済関係は発展に向けた幅広いポテンシャルを持っており、それが二国の国民の利益に還元されるべきだと述べた。

アール・サーニ首長は、カタールは関連分野でイランとの関係を発展させる準備ができていると強調した。

 

(2019年6月15日)



注目ニュース