モルドバがイスラエルにある大使館の移転を決定 イスラム協力機構が非難声明

イスラム協力機構が、モルドバに対し、イスラエルのテルアビブにあるモルドバの大使館を(一部の国や地域では「エルサレム」と呼ばれている)クドゥスに移転する決定をしたことへの非難を表明し、移転をやめるよう呼びかけた。

モルドバがイスラエルにある大使館の移転を決定 イスラム協力機構が非難声明

 

 

 

イスラム協力機構から6月13日に出された書面による声明で、モルドバがイスラエルのテルアビブにあるモルドバの大使館をクドゥスに移転する決定をしたことは認められないと表明された。

声明で、モルドバに対し、決定を取りやめ、国際法、国際決議、クドゥスの法的地位を尊重するよう呼びかけが行われた。

 

 

モルドバのパヴェル・フィリプ首相は6月11日、テルアビブにあるモルドバの大使館をクドゥスに移転することが決定したと発表した。

パレスチナ国外務省は書面で声明を発表し、この決定を非難した。

 

 

アメリカのドナルド・トランプ大統領は、2017年12月6日、クドゥスを「イスラエルの首都」として認めると表明し、テルアビブにあったアメリカの大使館をクドゥスに移転させた。大使館は、2018年5月14日に式典を行い正式に開館した。

 

 

 

(2019年6月14日 金曜日)

 

 

 



注目ニュース