【シリア】 テロ組織YPGが報復のために村を攻撃

分離主義テロ組織PKKのシリアにおける派生組織YPGは、シリアのデリゾールで占領している村にいるメンバーが殺害されたことを受けて容疑者がいると主張した隣村に攻撃した。

1216077
【シリア】 テロ組織YPGが報復のために村を攻撃

 

テロ組織YPGは、シリアの対イラク国境にあるデリゾールで占領しているナムリヤ村でメンバー1人が殺害されたことを受けて、容疑者がアブー・ニティル村にいると主張して村に臼砲弾や大砲で攻撃した。

民間人1人が死亡し、民間人1人が負傷した攻撃後にアブー・ニティル村の住民およそ1000人は砂漠地帯に逃げた。

村人たちは、アメリカが主導する有志連合軍に事件への介入を求めたものの、回答が得られなかったことが判明した。

テロ組織YPGは、デリゾール東部をアメリカの支援によって占領している。

当該の一帯にいるアラブ人は、組織の占領に頻繁に抗議している。

組織は最近、耕作農地に火を付けて住民に脅威をもたらしている。

 

(2019年6月10日)



注目ニュース