ザリーフ・イラン外相 「米との戦争可能性はない」

イラン外務省のモハンマド・ジャヴァード・ザリーフ大臣が、イランとアメリカの間に戦争が起きないことを確信していると述べた。

ザリーフ・イラン外相 「米との戦争可能性はない」

ザリーフ大臣は、中国の首都北京を公式訪問し、イランとアメリカの間の緊張に関してイラン・イスラム共和国放送(IRNA)に発表を行った。

イランとアメリカの間に戦争が起きる可能性があるかという質問を受けたザリーフ大臣は、

「戦争が起きないことを確信している。なぜなら我々は戦争を望んでおらず、地域の誰も、イランに対抗するという考えも幻想も持っていないからだ」と述べた。

アメリカのドナルド・トランプ大統領の周囲にいる一部の者はイランとの戦争を望んでいると述べたザリーフ大臣は、

「トランプは最近、戦争を望んでいないと発表したが、その周囲にいる者はトランプが戦争を起こすよう仕向けようとしている」と語った。

イラン政府は、トランプ大統領とは違い、ジョン・ボルトン国家安全保障問題担当大統領補佐官が、イスラエル、サウジアラビア、アラブ首長国連邦とともにイランと戦争をする計画を立てていると確信している。

アメリカ・メディアも一時期、トランプ大統領がイランをめぐり顧問と対立しているという主張を報じた。イランとの戦争は望んでいないと発表したトランプ大統領は、顧問と意見対立しているという主張は虚偽であると述べている。

 

(2019年5月18日)



注目ニュース