ペスコフ露大統領報道官が米中貿易戦争に見解 「露の戦争ではない」

ロシア大統領府(クレムリン)のドミートリー・ペスコフ報道官は、アメリカと中国間の「貿易戦争」は世界経済に悪影響を及ぼすと明かした。

ペスコフ露大統領報道官が米中貿易戦争に見解 「露の戦争ではない」

 

ペスコフ報道官は、アメリカと中国間の貿易会談で結果が得られなかったことを受けて発生した進展に関して首都モスクワで見解を述べた。

アメリカと中国間の貿易戦争は世界経済にも影響を及ぼすと明かしたペスコフ報道官は、

「この効果はマイナスにしかなり得ない。しかし、この戦争がロシア経済に及ぼす可能性がある影響を誇張する必要はない。ロシア経済はもしかしたらわれわれが望むほど迅速に成長していないかもしれないが、十分安定した速さで発展している」と話した。

ロシアが当該の貿易戦争に対して講じる措置にも見解を述べたペスコフ報道官は、

「アメリカと中国は貿易戦争に突入するかもしれないが、これはわれわれの戦争ではない。ロシアは、中国政府およびアメリカ政府と独立した関係を発展させることに関心がある」と述べた。

ペスコフ報道官は、アメリカのイランに対する「最大限の圧力」政策も批判し、

「イランを追い詰める方向でのこの政策は決して成果をもたらさない。それどころか交渉プロセスと解決プロセスが滞る事態となる」と述べた。

 

(2019年5月14日)



注目ニュース