【ソマリア】 食料問題が急速に拡大

国連は、来月(6月)までにソマリア人170万人が食料不安の危機に直面すると予想した。

【ソマリア】 食料問題が急速に拡大

 

国連のステファン・ドゥジャリク事務総長報道官は、ソマリアで来月までに10パーセント台の増加で170万人が食料不安の危機に直面し、干ばつに関連した栄養失調の割合も急速に拡大していると語った。

ドゥジャリク報道官は、ソマリアで急性栄養失調児の数が95万4000人に達すると見込まれており、これらの子どものうち17万4600人は重度の栄養失調グループに属すと述べた。

ドゥジャリク報道官はまた、ソマリア向けの支援要請10億8000万ドル(日本円で約1204億円)のうちわずか19パーセントしか資金が提供されておらず、このことが清潔な水や医療や衛生の活動の遅れを招いていると述べた。

国連に属す人道カントリーチーム(HTC)は、ソマリアで人道支援を必要とする人の数は420万人で、このうち3人に2人は子どもであると説明している。

 

(2019年5月2日)



注目ニュース