フランス・イスラム評議会がNZテロ攻撃に関してYouTubeとFacebookを訴える

フランスのイスラム傘下組織、フランス・イスラム評議会は、ニュージーランドで3月15日にモスク2か所を標的にしたテロ攻撃の映像をシェアしたことを理由にユーチューブ(YouTube)とフェイスブック(Facebook)を訴えた。

フランス・イスラム評議会がNZテロ攻撃に関してYouTubeとFacebookを訴える

 

フランスのメディアが伝えたところによると、フランス・イスラム評議会はニュージーランドのクライストチャーチで発生したテロ攻撃に関してシェアされた暴力的内容の映像がテロを奨励していることを理由にユーチューブとフェイスブックに関してパリ検察庁に訴えた。

クライストチャーチにあるアルヌール・モスクとリンウッド・モスクに3月15日に行われた攻撃では50人が死亡し、50人が負傷している。

テロリストが攻撃の瞬間をアクションカメラで撮影した17分間の映像がソーシャルメディアで何度もシェアされたのち削除されている。

 

(2019年3月25日)



注目ニュース