仏人デザイナー、クリスチャン・ルブタン氏がパキスタンから靴デザインのインスピーションを受ける

有名なフランス人シューズデザイナー、クリスチャン・ルブタン氏が、パキスタンで通常特別な日に履かれるペシャワール・サンダルを見本にした新たなサンダルデザインを、「イムラン・サンダル」と名付けた。

1170129
仏人デザイナー、クリスチャン・ルブタン氏がパキスタンから靴デザインのインスピーションを受ける

ルブタン氏は、ペシャワール・サンダルを見本にした新たなサンダルをデザインした。

ルブタン氏は、「イムラン・サンダル」と名付けたサンダルの価格についてはまだ発表していない。

パキスタンメディアでも広く報じられたこのデザインに関し、メディア上で「デザインの名前を、いつもサンダルを履いているイムラン・カーン首相から取ったのか、それともルブタン氏の友人イムラン・クライシュ氏から取ったのか」という質問が上がった。

数年前にもペシャワール・サンダルは、有名なデザイナー、サー・ポール・スミス氏のデザインにもインスピレーションを与えた。

スミス氏は、「ロバート・サンダル」と名付けたサンダルを、595ドルの価格から販売した。

 

(2019年3月25日)



注目ニュース