米、テロ組織YPG/PKKに3億ドルの資金供与へ

アメリカ国防総省から、シリア民主軍の名称を使う分離主義テロ組織YPG/PKKに、3億ドル(約333億円)相当の資金が供与される。

米、テロ組織YPG/PKKに3億ドルの資金供与へ

アメリカ国防総省は、2020年予算年度に向けて合衆国議会から要請された予算案の詳細を発表した。

トランプ政権が国防総省に向けた7183億ドル(79兆3872億円)分の予算を議会に要請したことが伝えられた。

戦争資金において、トランプ大統領がメキシコとの国境に建設される予定の壁も含む非常事態に向けて92億ドル(約1兆224億円)が割り当てられた。

テロ組織DEASH(ISIL)との戦いの内容で、イラクとシリアの訓練・装備計画に向けて昨年(2018年)は14億ドル(約1555億円)を拠出したアメリカ政府は、今年はその額を10億4500万ドル(約1161億34万円)に引き下げた。

この資金のうち7億4500万ドル(約828億円)がイラク軍、3億ドル(約333億円)がシリアでの訓練・装備計画に向けて割り当てられた。この予算で、シリアと国境を接する国の国境の安全を支援するために2億5000万ドル(約277億8000万円)が送られる。

こうしてアメリカ国防総省は、シリアで対DEASH戦の内容で、分離主義テロ組織YPG/PKKが占領する地域の保護に重きを置きつつ同地域に5億5000万ドル(約611億2348万円)を割り当てることになる。

アメリカ国防総省は、昨年もシリアで訓練・装備計画と国境の安全に向けて5億5000万ドル(約611億2348万円)を割り当てた。

 

(2019年3月13日)



注目ニュース