【ロシア】 ハイジャック未遂:武装人物が拘束される

ロシアの都市スルグトからモスクワに向かっていた航空機が、武装した人物によりハイジャックされかけたために緊急着陸した。

【ロシア】 ハイジャック未遂:武装人物が拘束される

ロシアメディアの情報によると、武装した乗客1人が、現地時刻14:55に離陸しスルグトからモスクワに向かっていたアエロフロートのSU1515機をアフガニスタンに向かわせるよう要求した。

モスクワのシェレメーチエヴォ空港に着陸する予定だった航空機は、シベリア地方のハンティ・マンシスク空港に緊急着陸した。

ロシア連邦保安庁から行われた発表で、航空機をハイジャックしようとした武装人物が拘束されたことが伝えられた。

この人物がロシアのスルグトに居住していることが明らかにされた発表で、この事件による乗客・乗務員の死傷者がいないことが伝えられた。

発表で、ハイジャック未遂を起こした人物についての捜査が開始されたと伝えられた。

ロシアのテレビ局REN TVは、ボーイング737型のこの航空機には乗客69人と乗務員7人が搭乗していたと伝えた。

同テレビ局は、ハイジャック未遂を起こしたパーヴェル・シャポヴァロフという名の人物に、窃盗や麻薬の前科があると伝えた。

 

(2019年1月22日)



注目ニュース