イランとアゼルバイジャンの国境警備所同士が洪水阻止をめぐり議定書締結

イランの都市アスタラとアゼルバイジャンのレンキャラン県の各国境警備所の間で、アスタラ川の周辺で洪水を防ぐための議定書が締結された。

1122544
イランとアゼルバイジャンの国境警備所同士が洪水阻止をめぐり議定書締結

イラン北部ギーラーン州の都市アスタラの国境警備所のノゼル・ムラディ司令官とアゼルバイジャンのレンキャラン県の国境警備所のレシャド・アブドゥッラホフ司令官が、ギーラーン州で会談した。

会談の後に記者会見に臨んだムラディ司令官は、アスタラとレンキャランの各国境警備所の間で議定書が締結されたと述べた。

ムラディ司令官は、議定書の内容で、アスタラ川の水中のヘドロ、泥、水底の掃除が行われることになると述べ、

「川が氾濫して洪水が起こり、国境付近の住民に大きな被害を及ぼしていた。新たな議定書が履行されれば、バフチェ・セラ村、ホシュク・デハネ村、ジェララバド村などの県の北部地域に氾濫が及ぶことが阻止できる」と話した。

 

(2019年1月9日)



注目ニュース