【ガボン】 クーデター企て兵士の審問が開始

西アフリカの国ガボンで1月7日(月)にクーデターを企てて逮捕された兵士の審問が始まった。

1122200
【ガボン】 クーデター企て兵士の審問が開始

ガボン政府のグイ・ベルトラン・マパンゴウ報道官兼通信大臣は報道陣に発表を行い、国営ラジオを占拠して通知文を読み上げた反乱兵士のうち2人が発生した軍事衝突で死亡し、7人が逮捕されたと述べた。

マパンゴウ報道官は、逮捕された兵士の審問が始まっており、クーデター企てが小規模のグループによる行為か、または外部の支援を受けた行為かが、近日中に明らかになると述べた。

ガボンではインターネットとソーシャルメディアへのアクセス遮断が解かれ、首都リーヴルヴィルでは人々の生活が正常化した。

現在もモロッコの首都ラバトに滞在しているアリ・ボンゴ大統領は、この件に関して今のところ発表は行っておらず、一部のアフリカ諸国はガボンで発生したクーデター企てを非難した。

ガボンで1月7日(月)午前中に国営ラジオを占拠した兵士の一グループは、通知文を読み上げて政権を奪取したと伝えていた。

 

(2019年1月9日)



注目ニュース