【アフガニスタン】 謝って自国兵士を爆撃、7人が死亡

アフガニスタンのウルーズガーン州チナルトで、対タリバン航空作戦で誤ってアフガニスタンの治安部隊が爆撃された結果、兵士7人が死亡した。

1103131
【アフガニスタン】 謝って自国兵士を爆撃、7人が死亡

 

この件に関して発表を行ったチナルトのファイズ・モハマッド郡行政官は、治安部隊が市内で数日間にわたって対タリバン作戦を実行していると語った。

アフガン空軍によって12月7日晩に地域で実行された航空作戦で、誤って治安部隊が標的にされたと伝えたモハマッド郡行政官は、事件で兵士7人が死亡したと述べた。

モハマッド郡行政官は、兵士6人も事件で負傷し、この件に関する捜査が開始されたと明かした。

 

(2018年12月8日)



注目ニュース