イスラエルがパレスチナ国民を銃撃 重傷を負わせる

イスラエル警察が、占領下にある(一部の国や地域では「東エルサレム」と呼ばれている)東クドゥスで、刃物で攻撃をしたとされるパレスチナ国民を銃撃し、重傷を負わせた。

イスラエルがパレスチナ国民を銃撃 重傷を負わせる

 

 

 

イスラエル警察から行われた発表で、あるパレスチナ国民が東クドゥスにあるイスラエルの派出所で警察官らに刃物で攻撃をしたことが告げられた。

刃物で攻撃したとされるパレスチナ国民は警察官に銃撃され重傷を負ったことが明らかにされた発表は、事件に関する詳細に触れられていない。

一方、イスラエルの救護団体ダビデの赤盾社から行われた発表では、事件でイスラエルの警察官が2人軽傷を負ったことが述べられている。

 

 

 

(2018年11月15日木曜日)

 

 

 



注目ニュース