【イラク】 なおも暗躍する テロ組織DEASH、キルクークで水の問題

テロ組織DEASH(ISIL)がイラクのキルクークにある水処理施設を攻撃したことにより、都市にある1町と14村への水の供給が中断された。

1064835
【イラク】 なおも暗躍する テロ組織DEASH、キルクークで水の問題

 

イラク連邦警察に勤務するマジード・アフマド氏は、テロ組織DEASHとつながりがある集団が地域にある高電圧線に続いて今度は水処理施設を標的にし始めたと語った。

「テロ組織DEASHはキルクーク南部にある水処理施設を標的にしている」と述べたアフマド氏は、この1週間に水処理施設3か所が標的にされた結果、地域に暮らす数万人が水の問題を抱えていると明かした。

地域がテロ組織DEASHから解放されたと宣言されてから約1年が経過したにもかかわらず、テロ組織DEASHの脅威は続いていると述べたアフマド氏は、

「作戦の終了は、テロ組織DEASHが地域で再び力をつける原因となった。この8か月間地域で作戦が行われていないことにより、テロ組織は国民に提供されている電気や水の施設を容易に標的にすることができるようになった」と述べた。

テロ組織DEASHがキルクークやそのほかの都市にある高電圧線に対して行っている妨害行為は、都市で時折18時間にもわたる停電の原因となっている。

イラクのハイダル・アル・アバーディ首相が2017年12月に同国におけるテロ組織DEASHの軍事的存在が終えんしたと宣言したとしても、同組織とつながりがある潜在支部が同国の一部で時々テロ活動を続けている。

 

(2018年10月8日)



注目ニュース