【ギリシャ】 パヴロス・フィサスを偲ぶデモ隊と警察の間で衝突

ギリシャで、極右政党「黄金の夜明け」の党員によって5年前に殺害されたミュージシャン、パヴロス・フィサスを偲んで行われたデモの参加者と警察の間で衝突が発生した。

1052397
【ギリシャ】 パヴロス・フィサスを偲ぶデモ隊と警察の間で衝突

 

パヴロス・フィサスが殺害された首都アテネ近郊のケラツィニ地区に集まった数千人は、人種差別やファシズムに反対するスローガンを放って行進した。

マスクを着けた一部の者たちが、ピレにある黄金の夜明け党の事務所付近で警察のバリケードを突破しようとして石や火炎瓶を投げたことを受けて、機動隊も催涙ガスで対応した。デモ者たちはまた、一部のごみ入れにも放火した。

ギリシャのメディアは、パヴロス・フィサスを偲んでテッサロニキで行われたデモでも同様の事件が発生したと伝えた。

左翼主義で知られる34歳のパヴロス・フィサスは、5年前にアテネ近郊で黄金の夜明けの党員ヨルゴ・ルパキアスによってナイフで殺害されている。

ルパキアスが裁かれている裁判はまだ結審していない。

 

(2018年9月19日)



注目ニュース