【フランス】 ルイ16世時代のワインが破格値で落札

フランスで1774年に生産されたワインが10万3700ユーロ(約1330万円)という破格の価格で売却された。

【フランス】 ルイ16世時代のワインが破格値で落札

 

国王ルイ16世の時代に生産されたフランスのジュラ地域産の黄ワインに10万3700ユーロで買い手が付いた。

オークションで同種のワインのうち別の1本は7万6250ユーロ(約980万円)、また別の1本は7万3200ユーロ(約940万円)で売却された。

0.87リットル入りのビンに入った黄ワインは、アナトール・ヴェルセル氏によって生産されている。

ワインの生産で有名なジュラ地域の中心地アボアでヴェルセル氏の親族が保存していたこのビンは、世界最古のワインの1つであると信じられている。

フランス通信社(AFP通信)に語った競売会社ジュラ・アンシェールのブリジット・フェノー氏は、「ワインがこの価格で売却されるとは想像していなかった。2011年の記録は5万7000ユーロ(約730万円)であった」と話した。

フランス通信社は、1994年にワインの専門家24人から成る代表がテスティングした際に10点中9.4点を付けたと伝えた。

 

(2018年5月27日)



注目ニュース